ネタ

新作オープンワールドRPGの『Kingdom Come』ゼルダを超えたと海外で話題にwwwwww

オススメ記事

1:

このゲームの特徴:
ハードコアでノンファンタジーな中世時代を舞台としたシングルプレイのRPGゲーム。
戦闘はシビアで、闇雲に剣を振り回してるだけでは山賊にすら負ける。
ただのRPGというだけでなく、生活という概念もある。定期的に食事や睡眠を取らなければ命取りになる。
クエストもほかのゲームにはないリアリティがあり、一例として、見えない時間制限がある。
○○さんを治療して欲しいなんてクエストを受領して、そのまま手をつけずに後回しにしていると、時間切れで神の元へと旅立ち、クエスト失敗になったりする。幅広い選択肢がある一方、かなりシビア。

長所
・中世時代で自由にサバイバルしたい人には打ってつけ。
・グラフィックがリアルで没入感がある。特に森の中は歩いているとリアルとの区別がつかない。
・独自の戦闘システムは雑魚相手にすらそれなりにやりがいがある。おそらくこの戦闘システムは他にはないのでかなりインパクトがある。
・クエストやプレイスタイルに自由度があり、最初から結末を知ってれば容易に省略できるメタ読みプレイもあれば、あえて気に入らないあいつを貶める陰謀プレイも可能。

・横のつながりが影響に出る。
クエストで助けたアイツが別のクエストで役に立つ。または逆に、あんときあいつはやっぱ始末しておいたほうが良かったな…なんて思うことが多い。そういう意味でもクエストにやりがいがある。

・ベネディクト会の一人として修道院の中で敬虔に生きるプレイなんてのもある。
朝起きてお祈りの時間、朝食を食べて薬学と筆記の学問に励み、午後のお祈りをしてまた明日も同じ事の繰り返し。これ全部マジでやれってクエストで言われる。ノイローゼになる。ノイローゼになった。

・MOD制作も認められてるのでSkyrimみたいにMOD次第では大いに栄える可能性はある。
・特定のクエストで●ックスシーンがある。

2:

 

180:
>>2
ほぼ好評 (8,570 件のレビュー)

 

212:
>>2
たしかにグラフィックすげーけど
やっぱゼルダを超えたかというと
ゼルダの良かったところはどこでも登れるところと
高いところに登って行きたい場所を探すところと
空を飛べることと
日本人好みのアニメ調のキャラクターと表情と
BGMと
サイハテ村みたいな居心地の良い優しい世界観なんだよな
やっぱ比較できんなぁ

 

3:
これめちゃくちゃ面白そうだよな

 

4:
ゼルダはクエスト糞だったからな

 

5:
で、それは任天堂ハードに出るの?

 

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサードリンク

6:
動画見る限り挙動が気になるけど

 

8:
ドラゴンエイジオリジンズとかと変わんなくね

 

9:
クエストの時間制限以外は素敵

 

10:
ゼルダはRPGじゃないって

 

11:
戦闘はゼルダより面白くアクションしてんの?
FPS視点のゴミ戦闘に見えるんだけど

 

12:
楽しみにしてたけど、メタスコア低いんだよなぁ
PC 75点
PS4 67点て

 

23:
>>12
Two worldsとかキングダムオブアマラーとか系の二線級RPGか

 

196:
>>23
アマラーが二級とかどこの平行線から来た

 

26:
>>12
ゼルダ超えたぁ!!!!w

 

74:
>>12
80くらいならとおもったが
思いのほか低いすぎるなww

 

13:
RPGじゃ日本語ねーと無理だわ…

 

35:
>>13
PCで日本語化してやればいい

 

14:
女はゴリラじゃねえだろうな

 

41:
>>14
トレーラーで、世話してくれる女の子はまあまあだったような記憶があるぞ

 

15:
そもそもロールプレイや文脈的なクライムアクションを目的としたゲームをゼルダと比べようとするのが間違い

 

17:
マウントアンドブレードみたいな戦闘とリアルさにこだわったオープンワールドゲーか
ゲーム開始時点の貧弱さとか最初は識字すら出来ないとか結構面白そうじゃん
わざわざゼルダと比較する意味がわからんけど、まあゲハらしいよな

 

18:
ぱっと見面白そうだったけどまだ様子見だな

 

19:
糞グラに草www

 

20:
雰囲気的に、高いところから滑空して空中戦とかは無さそうだな。

 

21:

序盤までプレーした感想です。
日本語非対応のRPGなので、「海外でも話題なので、雰囲気だけでも楽しめればよいか」という気持ちで購入。
良い意味で期待以上だったので、久しぶりにレビュー書きます。

①ゲームプレー、世界観(9/10):Witcher+Skyrim?(モンスター+魔法)
雰囲気は基本Witcherに似ているかと思います。ゲームプレーは1人称視点で剣や弓矢で戦います。こちらはSkyrimのようなイメージです。
ただ、1点異なるのは、魔法やモンスターは一切出てきません。あくまでリアル指向のRPGなので、実在しないものは一切出てきません。
その他、定期的に空腹感や眠気が襲ってきたり、NPCを攻撃したりすることもできます。(傭兵が飛んできますがww)

②グラフィック(10/10):CryEngine渾身の傑作
ゲームエンジンの一時代を築いたCryEngineを用いて描写されています。このため、人の顔はもちろんですが、それ以外の草木や動物等が超リアルです。
リアルなグラフィックがさらに、没入感を高めてくれます。間違いなく近年で最高レベルのグラフィックです。

③パフォーマンス(8/10):全体的に軽い。局所的にFPSが低下する場面も。
プレー環境は、GTX1080Ti、Core i7 8700K、32GB DDR4、Win10 Proです。Ultra High設定のFHD設定で、概ね60FPSで安定します。
オブジェクトの多い所では局所的にFPSが低下する場合もありますが、GPUの利用率は低いので、最適化の問題かと思います。

④ストーリー(9/10):深みのあるストーリーテリング。没入感が凄まじい。
基本英語ですが、難しい単語も少ないので、ある程度知識のある人なら、普通に遊べると思います。ストーリー自体は、起伏があり、単調ではないので、飽きることも少ないかと思います。ともかく、没入感がすごいです。

久々にわくわくできるRPGです。世界を冒険してる感がすごく良いです。
リアル志向のRPGなので、万人受けしないのかもわかりませんが、個人的には、今年遊んだゲームの中では一番面白いです。迷っている方は遊んでみてもよいかもしれません。

 

25:
日本語化mod出たらやるわ
流石にこれを英語でやるのはしんどそうだし

 

27:
あちゃー

 

28:
ウルフェンシュタイン2なんかもこんな感じに持ち上げられて一瞬で消えたな

 

31:
あんまりリアルにつくりすぎて面白くなくなったパターンやな

 

オススメ記事

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-ネタ
-,